速効性のあるジルテックでアレルギー疾患を改善

手の上に乗っている病院のマーク

ジルテックは第二世代の抗ヒスタミン薬の中でも速効性があるという風に言われています
日本では1998年に発売されてから、いろいろな場面で利用されているということです。
有効成分としてセチリジンが配合されているということもあり、すぐに服用することによって、花粉症などのアレルギー疾患を改善することができます。
アレルギー疾患とはいっても、季節性の花粉症でのアレルギーだけでなく、通年制のハウスダストなどでのアレルギーにも効果があります。
とても鼻水やくしゃみなどが止まらないという場合には、効き目が強いジルテックがおすすめだということです。

ジルテックを服用するのであれば、1日1回1錠で構いません。
1錠で有効成分であるセチリジン10mgが含まれています。
飲むタイミングとしては1日1回でいいので、就寝前に飲むのが一番いいでしょう。
速効性に優れていますので、飲み始めてから40分ぐらいで早速効き始め、24時間効果が持続するというのが特徴です。
すぐにアレルギー性の症状を改善することができますので、本当に効果が高いということになります。

ジルテックは第二世代の抗ヒスタミン薬の中でも効果が高いのは確かなわけですが、その代わりに注意点があるということです。
症状が改善する効果が高い薬というのは、副作用が強くなる可能性があります。
効果があるというだけで飛びつくのは決していいことではありませんので、どういう風に注意をすればいいのかということもしっかりと確認をするべきです。
ジルテックは基本的には医師から処方を受けて手に入れる薬ですので、医師や薬剤師の説明をしっかりと聞くようにしないといけないです。

ジルテックの注意点は、第二世代の中でも副作用が出やすい点があります。
特に、口の渇きや眠気などが代表例になります。
服用している間は口の渇きが見られるというということですので、水分補給などを積極的に行うといいです。
口の渇きよりも問題になるのが眠気で、薬の影響で眠くなると仕事や勉強に差し支えます。
特に、運転や危険作業については止めておいたほうがいいという注意書きがあるくらいですので、それは守るべきです。

ジルテックは医師から処方してもらう薬になりますが、今は同じセチリジンを利用した市販薬が2種類販売されています。
効き目についてもジルテックと同じようなものですので、前から使用していてどういう薬なのか知っているのであれば、ドラッグストアなどで購入するのも一つの手です。