花粉症が酷くなる前にザイザルを服用して症状を緩和させる

杉花粉

花粉症を改善することができる抗ヒスタミン薬の中でも、2010年に発売された新しい薬であるのがザイザルです。
有効成分としてレボセチリジンを使用しており、効き目と副作用のバランスが取れています。
従来から評判が高かったジルテックという抗ヒスタミン薬の後継版として作られてきたという経緯があります。
ジルテックは効き目がある割には眠気などの副作用が強い薬ですので、ザイザルは効き目はそのままにして副作用を大幅に抑制した薬だということです。

ザイザルはとりわけ眠気が少ないということに尽きます。
抗ヒスタミン薬の副作用で特徴的なものとして眠気や倦怠感、口の渇きなどがあります。
新しく開発された薬ですので、従来のような副作用が起こりにくいということは言われていますが、少ない例では起こっていることもありますので、注意をしておいたほうがいいでしょう。
眠気の影響を少なくなるために、就寝する前に服用することを推奨しています。
1錠でレボセチリジンが5mg含まれているので、1日1回1錠服用するだけで24時間効果が続きます。
就寝前に1回飲めば、翌日の晩まで効き目が持続するということです。

ザイザルは有効成分であるレボセチリジンの働きによって、ヒスタミンを抑制する働きがあります。
花粉が体内に入ると、免疫機能の肥満細胞と異物に対して対抗する抗体が結び付くことにより、ヒスタミンが遊離してきますので、ヒスタミンがH1受容体と結合することでアレルギー反応が起こります。
ヒスタミンが原因となって、花粉症などのアレルギー反応が起こっていますので、レポセチリジンの働きによって、H1受容体との結合を阻害することが可能です。
結合を阻害することによって、ヒスタミンを抑制することができるという仕組みです。
抑制することができれば、ヒスタミンによるアレルギーが起こらなくなります。

ザイザルは花粉症予防に効果があります。
何よりも効き目が強いけれども副作用が起こりにくいという特徴がありますので、花粉症を予防するという目的で十分に使用することが可能です。
花粉が飛んでくることによって起こる鼻水や鼻づまりなどの症状に役に立ちます。
花粉が飛んでくることによって鼻水が止まらないとなると、不快な気持ちになったりし、生活にも影響が出てきます。
できることならば、鼻水が起こらないうちからザイザルを服用することで、花粉症の予防にもつながってくるでしょう。
なるべくならば花粉症対策のために、早めに準備をしておくことをおすすめします。