アルコールは花粉症の症状を悪化させるので控えましょう

花粉症というのは、体内に花粉が入ってヒスタミンが生じることにより引き起こされるアレルギー症状のことを言います。
花粉症を抱えている人がアルコールを含んでしまうと、肝臓で分解してアセトアルデヒドになります。
問題なのが、アセトアルデヒドがヒスタミンを誘発するということです。
結果的に、アルコールは花粉症の症状をより悪化させる傾向にあります。

飲酒で血管が拡張することになりますので、粘膜のむくみや鼻閉が激しくなって、鼻づまりがより悪化したりします。
さらにアセトアルデヒドの働きによって頭痛が起こりやすくなります。
熱が無いにもかかわらず、血管が拡張することで脳圧が上がり、脳に何らかの圧力が加わって頭痛が起こるということです。
アルコールによる花粉症の症状が悪化するので、なるべくならば禁酒をしたほうがいいです。
花粉症の薬を飲んだ後にアルコールを服用すると、時には危険な症状が現れることがありますので、絶対にそういうことはしないでください。

飲酒以外にも症状を悪化せせることがありますので、気を付けるようにしましょう。
喫煙をすることによって、たばこの成分にアレルギーを引き起こすものがあり、もっと花粉症がひどくなる可能性があります。
さらに、喫煙している時の煙が鼻の粘膜を刺激して鼻がむくみやすくなり、鼻づまりが起こりやすいです。
あとは、ストレスを溜めないとか、睡眠不足に気を付けることです。
特にストレスを溜めてしまうと、自律神経と免疫細胞のバランスが崩れて、アレルギー反応を起こしやすくなります。

花粉症の症状を悪化させる食物にも気を付ける必要があります。
特に冷たいものや肝臓の負担を増やすもの、余計な熱を溜めるものには注意してください。
冷たいものと言えば、アイスクリームや自販機のジュースなどがありますが、こういうものを取り過ぎると症状が悪化してしまいます。
肝臓の負担を増やすものとしてアルコールや甘味のあるものについては、分解する肝臓の負担が増えてしまう点に注意します。
余計な熱を溜めるものとしてスパイシーな激辛料理やコーヒーなどについては、炎症が起こりやすくなってしまいます。
スパイシーなものやコーヒーは好きな人も多いかもしれませんが、花粉症にかかっている人は程々にしておくべきです。

花粉症の症状を和らげるためにヨーグルトを服用する人がいます。
ヨーグルトは自律神経と免疫細胞のバランスを整えてくれますので、それによって引き起こされるアレルギー反応を鎮めることが可能です。
アレルギー反応が起こる前からヨーグルトを食べるようにすれば、少しは症状の悪化を食い止めることができます。